始めやすさで選ぶなら、まずは6つの投資先がおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初心者向けの6つの投資・資産運用方法

そろそろ資産運用について考えてみようと思った方、投資をこれから始めてみたいと思った方など、投資初心者が初めにつまずく場所は、「一体どこから手をつけたらいいのか分からない」という状態ではないかと思います。

基本的には自分の好きなもの・興味のあるものから始めてみるのが一番ですが、ない場合は選ぶのが難しいですね。

では、投資のプロ・専門家でもなく、ましてや経験者でもない私達は、どの投資から始めるべきなのでしょうか?

そこで今回、初心者でも比較的始めやすく、ハイリスクでなく、かつ成功すればしっかりと利益が出せるオススメの投資先を6つご紹介していきます。

1.不動産投資(ワンルームマンション投資など)

まず初心者の方にオススメしたいのが、収益物件を購入し、購入した物件を賃貸に出すことによって賃料収入を得る不動産投資です。

なぜ私が不動産投資をおすすめするのか。それは、本業の仕事をしながらでも余裕を持って副業が行えることにあります。

現在この記事をご覧になられている方の多くは、投資とは別に本業をお持ちでいらっしゃると思います。投資の中には瞬間によって価格が変化するものがあるので、いつ何時も価格のことが気になって本業に手がつかない状況が多々あります。
不動産投資は一度スタートさせてしまえば、後は基本的に賃貸管理の不動産会社に運用を任せられるので、本業に集中することができます。その間に副収入としてお小遣いを稼いてくれるシステムを持てる、といった感じです。

また不動産投資と聞くと、何千万円や時には億という資金が必要であり、敷居が高いイメージがありますが、新築でも2,000万円前後、中古であれば1,000万円を切る物件も多くあります。

特に初心者の方にオススメなのが、一人住まいの方をターゲットにしたワンルームマンションで、中古マンションやアパートなどの一室を300~500万円程度から購入することができます。

貯めてから現金で購入するのも良いですし、ローンを組んで購入しても、中古ワンルームマンション程度の金額ではそこまで大きな利息が発生しないので、比較的安定した収入のある方でしたら問題ないでしょう。

資力のある方であればローンを組んでアパートや複数の部屋所有もありですが、計画性を持って投資を行いましょう。賃貸経営の実績を積んでいけば大きい資金も借りやすくなります。資金さえ工面することができれば、不動産投資は第一に検討してほしい投資です。

不動産投資に関してはこのサイトでも詳しく、多岐に渡って解説していますので、不動産投資のカテゴリページからお好きな記事をご覧ください。

 

2.NISA口座を使った各種投資

まず初めにオススメするのが、NISA口座を利用した投資です。

通常、投資から得られた利益には、譲渡所得や配当所得、不動産所得などの所得区分に分けられ、課税の対象となります。儲けたら税金を払わなければなりません。

ところが、NISA口座を利用すると、利益に対して税金がかかりません(非課税枠があります)

NISA(ニーサ)とは、簡単に説明しますと年間120万円まで、NISA口座を利生して得られた利益は税金がかかることなくそのまま手もとに残すことが出来る制度なのです。NISAを利用するためには、専用のNISA口座を開設する必要があります。

NISAについてより詳しい解説を知りたい方は、「NISA(ニーサ)とは?非課税額が120万円に増額!早見表付き」をご覧下さい。

もちろん年間で120万円、総額が600万円までという制限がありますので、より大きな額の資産を運用したいという方は、限度額を超える利益については税金を支払う必要があります。しかし、初心者の方が運用する分には十分な範囲でしょう。

優れもののNISAですが、この口座を利用できる投資商品は、主に上場しているものが対象となるので、オススメのものを3つピックアップしておきます。

 

2-1.REIT(リート)

不動産を対象とした投資信託をREIT(リート)といいます。そのまま不動産投資信託と呼ばれることもあります。

日本でスタートしたのは比較的最近で、2001年にJ-REITとして発足しています。

先程お伝えした通り、NISA口座を利用したいのであれば上場している銘柄に限ります。J-REITで取り扱っている銘柄に関しては、基本的に全て上場しているものなので問題ありません。しかし、海外のREITや私募リート(私募REIT)が取り扱っている銘柄は非上場のものがあるので、口座を取り扱っている証券会社に問い合わせてみましょう。

REITの仕組みやメリット・デメリットなど、より詳しくお知りになりたい方はREITについてのカテゴリページから記事をご覧下さい。

 

2-2.ETF(上場投資信託)

投資信託の中でも上場しているものをETFと呼びます。ETFは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)の流れに連動するように運用しています。これらの数値はテレビのニュース等で良く放送されていますので、ご存知の方も多いかも知れませんね。

実際の運用はファンドマネージャーに任せるということと、上記の指数に連動した運用をしているということで、初心者にも取っ掛かりやすい投資商品となっています。

ETFと似た性質を持つインデックスファンドの方が最低購入価格が比較的低い傾向にありますが、NISA口座では購入できません。

ETFについての基本的な知識は、「ETF(上場投資信託)とは 一般の投資信託との違いはなに?(仮タイトル、記事作成中)」をご覧下さい。

 

2-3.上場株式

皆さんが最も身近な?金融商品取引所に上場している株式会社の株式です。ニュースや広告を通して知っているほとんどの企業が上場している株式会社で、実際に株式を購入することができます。

と言っても、上場している会社の数は約3,500社ありますので、ほしい株を探すのに苦労するかも知れません。

まずは、自分の知っている上場会社の株価をチェックしてみたり、株に関する本を購入したりして、どの株式が注目されているのか、情報を仕入れる所から始めましょう。

 

3.純金積立(金投資)

不動産投資やNISA口座を利用した投資以外にも、おすすめ出来る投資先があります。近頃高い価格値をつけていることで注目を集めている投資先が、この純金積立です。

金価格の推移は、2000年頃に比べて約5倍の価格をつけているんですね。

ただし金価格の今後の伸びしろを考えてみると、特に大きな金融問題が取り上げられていない為、これ以上の価格の上昇を期待するのはちょっと難しいかも知れません。

前回の買い時を金価格からみてみると、2007年頃の世界金融危機から金の価格が上昇していることが分かります。

そんな目先の価格変化に捉われず、ドルコスト平均法で着実に積み立てていきたい方であれば現時点で購入を開始しても良いかも知れません。

純金積立に関する記事はこちらからどうぞご覧下さい。

 

4.FX(ただしレバレッジは1倍にする)

2004年~2007年頃に大流行りをみせたFXですが、2007年の金融経済(サブプライムローン)問題の影響から、一夜にして何千万もの大金を失った人が大勢出てしまったことでも有名です。

気を付けてほしいのは、初心者の方はレバレッジを必ず1倍にして運用して下さい。

このレバレッジの倍数が高ければ高いほど、得られる利益が大きくなりますが、反対に損失へと向かった場合は大きなダメージとなります。現在では規制がかかり、最高でも20倍ほどまでが限度ですが、それでもリスクは非常に高いといえますので、レバレッジを上げての運用は極力避けましょう。

オススメの方法は、2通貨間の金利差を利用したスワップポイント(金利差益)でインカムゲインを得る方法です。レバレッジを1倍にしておけば、外貨預金と性質上ほぼ同じになるのに加えて、スワップポイントを毎日受け取れますので、利益が出ている感覚を毎日味わえます。

FXについての記事はこちらからご覧頂けます。

 

5.出来るだけリスクの少ない投資は正解?

定期預金・貯金や国債など、国や金融期間が提供している、ローリスクで始められる投資商品があります。なるほど、デフォルトや元本割れの可能性が非常に低く、一定期間待てばほぼ必ず資産が増えるということもあり、初心者が始めるにはもってこいの商品に見えるでしょう。

しかし、ローリスク=ローリターンなので、資産の増加量も雀の涙ほどです。これでは、投資した資金が大きく増えるという投資の醍醐味を味わうことが出来ません。仮にこれらの投資で資産を増やそうと考えると、数千万円や億などの莫大な額の資金が必要になります。一般人には到底準備出来ません。

更に、近年の経済情勢の影響からか、これらの投資商品の利回りは驚くほど抑えられています。引き出しや中途解約時の手数料を考えると、むしろマイナスの利回りといっても過言ではないでしょう。したがって、投資というよりもむしろ貯蓄の為に活用するものとして捉えられています。

参考記事「そのお金、銀行に預けておくのは勿体ない!銀行の金利は雀の涙

 

まとめ

以上、当サイトが投資・資産運用初心者の方にお勧めする投資先一覧でした。気になった投資商品はありましたか。

初めの一歩が踏み出せないという方は、今回ご紹介した投資先のいずれかから始めてみてはいかがでしょうか。あなたにピッタリのものが見つかると良いですね。

※ご紹介した投資商品は必ず利益を出せることを保証するものではありません。投資した資金より戻ってくるお金が少なくなる、いわゆる元本割れを引き起こす可能性はどの投資商品にもあります。リスク・リターンをきちんと理解し、資産運用を行いましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加