いいとこ取りの変額保険だけど、実は思わぬリスクが潜んでいる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
変額保険のリスクを考察

生命保険といえば、万が一の事故や病気の為に備えるための制度ですが、貯蓄・投資機能も兼ね備えた生命保険があることをご存知でしょうか。それが今回ご紹介する「変額保険」です。

受け取り金額が増加する可能性がある一方、運用成果が悪ければ逆に減少してしまうというデメリットもあります。

他の生命商品と比べてリスクとリターンが高くなる変額保険ですが、今回はその変額保険に関する基本知識と、メリット・デメリット、有効活用性について解説していきます。

1.変額保険とは?

変額保険とは、一言で言いますと資産の運用実績によって保険金額・解約返戻金・満期保険金が変動する生命保険です。

この場合の資産というのは、保険契約者が支払う保険料に当たります。保険会社は払い込まれた保険料の一部を、特別勘定という資産を運用するための勘定に充てます。特別勘定は、他の資産運用・管理を行う勘定(一般勘定)と分けられています。

保険契約者から集められた特別勘定の資産は、ファンドが株式や債券・投資信託などの金融商品に投資し、運用の成果を保険契約者に還元する形を取っています。

要するに、変額保険は生命保険に投資信託の機能を組み合わせた商品ということができます。

また用語の説明時には、運用実績に関係なく、保険金額が変わらない定期保険や終身保険などの定額保険とよく対比されて説明されます。

 

2.変額保険のメリット・デメリット

生命保険商品に資産運用機能を持たせると、どのような違いが生まれるのでしょうか。変額保険のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

1.通常より多くの保険金等が受け取れる可能性がある

ファンドの運用成果が良ければ、通常より多くの死亡保険金・満期保険金・解約返戻金を受け取ることができますので、貯蓄に繋がります。

2.死亡保険金の受け取りには相続税の非課税枠が適用できる

生命保険の死亡保険金を相続人が受け取った場合、亡くなった方の財産を相続するということで、相続税の課税対象となります。

この死亡保険金には特別に非課税枠が存在し、500万円×法定相続人の分だけ非課税となります。

満期保険金・解約返戻金は受け取り方によって一時所得・雑所得・贈与税など課税の対象となる所得区分が異なり、死亡保険金で受けられるような大きな非課税枠はありません。

3.基本保険金額は保障されている

基本保険金額(契約時に設定された死亡保険金の金額)は、運用成績が悪かったとしても、最低金額として保障されています。

例えば、基本保険金額が1,000万円と設定されていたとすると、資産運用によって1,200万円になることはあっても、1,000万円以下になることはない、ということになります。

4.保険料が一般的な保険商品よりも割安

変額保険の保険料は、リスクがある分他の保険商品よりも割安に設定されているため、選びやすくなっています。

 

デメリット

1.運用成果次第で受け取れる金額が減少する

保険金額が増加することもあればその逆もまたしかりで、運用成績が悪いと死亡保険金・満期保険金・解約返戻金の受け取れる金額が減少する可能性があります。

2.満期保険金・解約返戻金には最低保障金額はない

死亡保険金には基本保険金額が設定されているため、万が一運用成績が悪く減少したとしても、基本保険金額以上に減少することはありません。

しかし、満期保険金・解約返戻金に関しては、基本保険金額のような最低保障金額がありませんので、元本割れする可能性が十分にあります。

3.投資信託よりも運用手数料が高い

変額保険は生命保険としての役割がメインですから、投資信託のみで運用した場合よりも運用手数料が高い傾向にあります。

 

3.二種類の変額保険

変額保険には、定額保険でいうところの、養老保険や終身保険と同じような二種類の保険があります。有期型変額保険と終身型変額保険です。

有期型変額保険

養老保険にあたる保険商品です。期間の経過により保険契約が終了すると、満期保険金が受け取れます。保険期間は10年から30年程度で設定します。

終身型変額保険

名称に「終身」の名が入っている通り、終身保険にあたる保険商品です。保険料の払い込み期間を10年から40年程度で設定し、契約を解除しない限りは死亡保障が一生涯続きます。契約期間が終身となる為、満期保険金は受け取ることができませんが、契約期間中はいつでも被保険者が死亡した場合に死亡保険金を受け取ることができます。

 

4.変額保険が抱えるリスク

運用成績が落ちると満期保険金・解約返戻金が元本割れになる事は変額保険のデメリットでお話しました。バブル時代には生命保険会社が銀行と手を組み、変額保険が大きく宣伝されていましたが、バブルの崩壊後は銀行と組んだことが原因で多くの保険契約者が返済できない位の借金を背負うことになりました。

死亡保険金には基本保険金額が保障されているため、死亡保険金で借金を返済することを考えた保険契約者が自殺をするケースも出たぐらいですので、よほどのインパクトがあったと思われます。ほとんどの日本の生命保険会社は変額保険の取扱いをやめ、現在も取り扱っている企業の多くは外資の保険会社となっています。

 

まとめ

投資信託のような投資機能を兼ね備えた変額保険ですが、個人的な見解としては、生命保険・投資信託両方のメリットを活かしきれていないどっちつかずの印象があります。

そもそも、安心を得るために契約する生命保険でリスクを背負うような思いは精神衛生上好ましくありません。

生命保険は万が一のことが起こった場合の安心を得るために契約し、資産運用を行いたいのであれば投資信託や他の投資商品へ投資を行った方が良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加