先物取引

商品先物取引は、将来における農作物や鉱物の商品の価格を予想し、商人にとってはリスクヘッジ、投資家にとっては差額により利益を狙う投資です。
商品先物という投資自体の知名度は、他の投資と比べて低いかも知れません。しかし、商品先物で取り扱われる商品は、皆さんも聞いたことのある馴染みある商品ばかりです。作物であれば、食べたことがあるものがほとんどでしょう。具体的には、コメ、大豆、トウモロコシなどが代表物となります。その他に取り扱われる商品は鉱物があり、金やプラチナが有名です。
その歴史は意外にも古く、1620年代には既にその原型が出来上がっていたといいます。1730年代には商品先物取引が公に始められ、その時代には日本以外で行われていた国はなかったそうです。日本は、こんなところでも時代の先取りをしていたのですね。
昔から存在する影響からか、普段耳にしないような専門用語がちょこちょこ出て来ますが、慣れてくればそこも商品先物取引の面白いポイントだと思えるようになるでしょう。