金投資

(ゴールド)は、昔は貨幣としても使用されていたぐらい、世界各国で非常に価値のあるものとして流通しています。あの黄金の輝きは独特で、いつの時代も世界の人々を魅了してきました。沢山採れるものではなく採掘できる量が限られていたため、その希少さが更に金自身の価値を高く維持させるものとなりました。
そして今、金は投資商品としても投資家を魅了しています。
長く続く不況など先行きの見えない世界の経済情勢を懸念し、貨幣は絶対的価値を保証するものではなくなりました。そこで人々が目を付けたのが純金です。金は、昔からその価値が世界から認められ続け、産出量もある程度一定していますので、価値がゼロになることは歴史的にもありません。
金への投資方法は、主に純金積立と呼ばれる、少しずつ購入して貯蓄していくスタイルが取られています。今が投機だと思えば買い増しすることもできるので、自分の裁量で行いながら比較的安定して投資を行えます。
最近ではプラチナ(白金)の積立投資も少しずつ人気が高まり、金とともに投資貴金属の一つとして数えられています。