投資信託

投資のプロは思いました。「投資の知識と経験は十分にある。投資で利益を出してきたが、より大きな収益をあげるには、大規模な運用をする必要がある。しかし、その為の資金がないので、資金を集めて運用したい。利益を出した分は、資金を出してくれた人に還元しよう。」
投資家は思いました。「投資を行いたいが、専門的な知識がなければ勝つことは難しい。プロの人に任せて運用してもらうことはできないだろうか。手数料はいくらか払う。」
このような二人の意見が合致して、投資信託という金融商品が成り立っています。
投資信託の歴史は長く、日本では約80年の歴史がありますが、海外ではもっと古くから投資信託は存在し、歴史をさかのぼると800年以上前に起源があったと言われています。
どの投資でも同じですが、投資信託にも元本保証はありません。誰でも勝つ時があれば負ける時もあるのです。プロの方に任せたからといって必ず儲けられる訳ではないので注意しましょう。