株のメリット・デメリットとリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株のメリット・デメリットとリスク

投資について興味のある方であれば知らない人はいない株式投資。時ににハイリスク・ハイリターンの投資と呼ばれていますが、なぜそう呼ばれるのか、株式投資によるメリット・デメリットと気を付けておきたいリスクについて知っておきましょう。

株のメリット

株式投資には、全部で大きく5つのメリットがあります。それぞれのメリットを確認していきましょう。

1.値上がり益の幅が大きい

株式投資の醍醐味として、株式の購入時点での株価から上昇したときに、株式を売却した時の差から得られる利益の幅が大きい、ということが挙げられます。

例えば、ある株式の値段が1株100円の時に、株式を1枚購入したとします。その株の値段が1株200円に値上がりしたときに売却すると、単純に100円の儲けになります。100円で買って200円で売っているのですから当然ですね。
もし購入した株式数が10枚、100枚、1000枚だったとすると、その利益も1枚の時と比べて10倍、100倍、1000倍と増加します。
この値上がりした分の差益を値上がり益(キャピタルゲイン)といいます。

特定の株を持っていた会社の業績が急成長すると、株の値段も何倍と跳ね上がることがあり、上手いタイミングで売ることができれば大幅な利益を手にすることが出来ます。

株で儲ける主な方法は、このキャピタルゲインを手にすることです。

2.配当金がもらえる

配当金イメージ図
所有している株を発行している会社が利益を出せていると、ある期間(年または半年ごとが一般)ごとに、感謝の気持ちとしてお金を分配してくれます。このことを配当金(インカムゲイン)と呼び、株の所有者に対して支払われます。

正確な数値は公表されていませんが、利回りは平均約1%が水準のようです。

3.株主優待の楽しみ

一定数以上の株式を持っていた場合に、その株の持ち主に対して優遇措置を受けることができます。このことを株式優待といい、略して株優とも呼ばれます。

優待の内容としては、商品券やサービスの何%オフなど、ギフト的な形で贈られることが多いです。嬉しい特典ですね。
外国ではあまり株主優待を行っているところはみられませんが、日本では株を長期的に保有してもらうために盛んにこの制度が採用されています。

どのくらいの株式を保有していれば株式優待を受けられるのかは、株式会社ごとに異なります。

4.議決権を持てる

株式を所有している人(株主)は、株主総会が行われる際、持っている株式の数に応じて議決権を行使できます。

この議決権というのは、株主総会で会社の方針・意思決定に関わる為の権利なのです。

選挙の投票が一人一票なのとは違い、所有している株式の数が多いほど議決権の割合が増えるので、自分が経営判断の一部に加担しているという思いが強まるでしょう。

5.日本・世界の情勢に強くなる

日本・世界情勢イメージ図
株の値動きというのはその企業の業績だけでなく、あらゆる日本・世界の情勢に影響されます。世の中の流れを常にアンテナを張り巡らしておかなければならないため、株式投資を長く続ければ自然と日本・世界の経済、政治情勢に強くなります。

以上が株のメリットになります。
続いて、株のデメリット・リスクについてみてきましょう。

株のデメリット・リスク

1. 値下がり損(元本割れの可能性)
2. 資産価値ゼロのリスク(倒産)
3. 値動きの不安定さ
4. 時間・心に余裕がなくなる

1.値下がり損(元本割れの可能性)

株価は常に変動しているため、値が上がることもあれば、下がることも当然あるわけです。買った株の価格よりも価格が下がれば、たちまち元本割れとなる可能性が高まります。

株を買った瞬間から勝負が始まっていることを理解しておきましょう。

2.資産価値ゼロのリスク(倒産)

資産ゼロイメージ図
業績が悪くなったり、銀行など債権会社へ不払いが続いたりした場合、会社は倒産してしまいます。この場合、持っている株の価値はゼロになります。投資したお金が全てパーです。

業績が徐々に悪くなってきた場合はまだ見切る時間に猶予がありますが、銀行への不渡りの問題は非常に怖いです。

簡単に説明すると現金を手元に所有していないことによる資金不足が原因です。黒字経営なのに倒産してしまうことがあるのはこのためです。

3.値動きの不安定さ

前述した通り、株の値動きは常に変動します。値動きの予想は可能でも未来の推移を知ることはできません。一定の値が続くということはないと思っておいた方が良いです。

4.時間・心に余裕がなくなる

余裕がないイメージ図
経済・社会情勢をチェックし、株の値動きを追い、売り時を見極める。世の中は24時間365日永遠に変化し続けるため、いつ何時も株価のチェックに時間を費やさなければなりません。そうすると、余暇を楽しむ時間が無くなってしまいます

また、売り時を見極めるため、株価の値下がりにも敏感にならざるをえなくなります。会社務めをしている方であれば、仕事中にも値動きが気になり、手がつかなくなってきます。心にも余裕がなくなるでしょう。

以上で株のメリット・デメリットとリスクについてのまとめとなります。株式投資に本気挑戦するひとは、それなりの覚悟をもって始めたほうが良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加