投資信託のメリット・デメリットとリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファンドマネージャー

自ら直接投資するのではなく、希望した人達からお金を集め、その資金源を元にプロが様々な金融商品へ運用する形の投資信託。一風変わった方法にどのようなメリット・デメリットがあるのか、またそれに伴うリスクについてもみていきましょう。

投資信託のメリット

1.プロに運用を任せられる

他の投資商品と大きく違うメリットは、信託という名の通り、運用をその道の専門家に任せることが出来る点にあります。株・債券などの運用方法・専門知識を一人で学ぶのは大変ですし、運用に携わる時間にも限界があります。

投資信託であれば、様々な投資の領域に精通しているファンドマネージャーと呼ばれるプロが運用を行い、分からないことがあれば尋ねることができるため、精神的に安心できます。

2.リスクを分散した投資ができる

リスク分散イメージ図
リスクを分散させる投資方法を分散投資といいます。個人で分散投資する場合、ひとつひとつ投資商品の窓口を開く必要があり、合計金額が大きくなりがちです。

一方、投資信託は投資家から集めた資金をまとめて運用するため、自分が出す資金は少ないにもかかわらず分散投資を行うことができます。

3.小額で始められる

株式では銘柄により1から買えるものもあれば、1000株を一口として購入しなければならない場合があり、少なくとも数万円以上から始める必要があります。

これに比べて、投資信託では1万円以下からの投資ができ、チャレンジしやすい商品となっています。

4.安定した積立が出来る(ドルコスト平均法)

小額で始められる利点に加えて相性のよい「ドルコスト平均法」という投資方法があります。この方法では、一定金額を保って定期的に投資することにより、一度にまとめて購入した時に生じるリスクを避けることができ、安定した運用を行うことができます。

ただ、この方法を利用するには長期的に投資する必要があり、短期で稼ぐ目的には向いていないので注意して下さい。

以上が投資信託におけるメリットです。
次にデメリット・リスクについてもみていきましょう。

投資信託のデメリット・リスク

1. 四重リスクが付きまとう(価格・金利・為替変動・債務不履行リスク)
2. 任してしまうがためにあまり理解せず手を出してしまう
3. 手数料が高い(信託報酬・販売手数料)
4. 投資家のプロは神ではない

1.多重リスクが付きまとう(価格・金利・為替変動・債務不履行リスク)

多重リスクイメージ図
投資信託で分散投資を行うということは、それぞれの投資商品が持つリスクを考えなくてはいけません。
株式であれば大幅な価格変動のリスク、債券であれば価格変動・金利変動・債務不履行(デフォルト)のリスク、外貨建ての投資商品であれば為替変動リスクがあります。

もちろん、元本保証(投資した元のお金)はありません。

2.任してしまうがためにあまり理解せず手を出してしまう

ぷぷぷイメージ図
運用はプロが行うので、自分で情報を収集することをおろそかにしてしまいがちです。
専門家から言われるがままに投資してしまい、結果損失を出してしまったとしてもなぜ失敗したのか原因が分かりません。それではお金をドブに捨てたのと同じ行為になってしまいます。

決して任せっきりにはせず、自分で勉強して知識を深めたり、自分でも考えたりするようにしましょう。

3.手数料が高い(信託報酬・販売手数料)

投資信託に関わる大きな割合を占める手数料は、販売手数料信託報酬の2つがあります。
投資信託とは」でもお話した通り、販売会社、受託会社、委託会社が協力して運用が行われています。販売会社に支払うのが販売手数料、受託・委託会社に支払うのが信託報酬となります。

この手数料、一定金額が決まっているわけではなく、結構馬鹿にならないです。
販売手数料であれば毎回購入時に購入金額の数%が取られ、信託報酬であれば投資した金額に対して年間数%という形をとり、日割りで毎日間接的に支払われます。

投資する前に、それぞれの業者の手数料の比較は必ず行いましょう。

4.投資家のプロは神ではない

神じゃないよ
最後に、投資家のプロはその道に詳しいといっても、必ず成功するわけではありません。

経済は常に不安定なものであり、誰もその先行きを知ることはできません(個人的には未来を見られるツールがあったらいいなとは思いますが笑)。勝つこともあれば、負けることもあるわけです。

また、プロと言っても色んなプロがいます。野球でいえば、ほぼ毎年3割の打率を誇るイチローのような選手もいれば、毎年2割程度しか打たないプロのバッターもいるということです。運用している人が優秀かどうかは、こちらからはなかなか判断することができません。

ですので、投資初心者よりも知識のある方が代理で運用しているぐらいの気持ちで取り組んだ方が良いでしょう。

あくまで運用する人はプロであるので、結果的に損失が出た場合は業者のせいにしてしまうこともあるでしょう。また、自分で投資できない・コントロールできないことに対する苛立ちから不完全燃焼になりがちです。

忘れてはならないのは、お金を出すのは他でもない自分自身です。デメリット・リスクをしっかりと把握した上で判断しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加