資産運用のために各投資のメリット・デメリットを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
考える女性

投資・資産運用はそれぞれの投資対象のメリット・デメリットを把握した上で行う必要があります。
投資を始めようと考えている人の多くは、それぞれの投資が持つメリットばかりに気をとられてしまいがちです。当然、メリットは投資を始めるきっかけになるため重要ではありますが、同時にデメリットやリスクをしっかりと理解していないと、後に「こんなはずじゃなかった・・・」という事態になる可能性が高くなります。

そこで、今回は様々な投資が持つメリット・デメリット・リスクを簡単に説明していきます。説明の最後に設置したリンク先へ飛んで頂ければ、詳しく解説した記事を見ることができますので、もし興味を持たれましたら各リンクからご覧ください。

不動産投資のメリット・デメリットとリスク

不動産投資では、入居人さえいれば賃料収入により毎月収入を中長期的に確保でき、一旦動き始めればあまりすることがないので、会社員や公務員など勤めている方にも人気の投資先の一つとなっています。団体信用生命保険を付しておけば、生命保険代わりにもなるのが大きいですね。
反面、安定した収入がなければローンを組むことが難しく、比較的低額の物件の購入にもある一定額の貯蓄が必要となるため、他の投資と比べて敷居が少しばかり高くなります。

より詳しい内容を知りたい方は、下記からどうぞ。
― 不動産投資のメリット・デメリットとリスク

 

株のメリット・デメリットとリスク

投資の中でも一番知名度が高いもので、上場している株式会社に勤めている方であれば、なじみ深いものではないでしょうか。
株のメリットとしては、テレビや街角の広告で見るような会社の株式が売買されているのでとっかかりやすいこと、急激な値上がり・値下がりで多くの利益を狙えること等が挙げられます。
反面、自分の知っている企業の株価が成長するかどうかは分からず、他にも多数の銘柄があるので、今どの銘柄を売買するべきかを見極めるのが難しいです。また、急激な株価の変動で得をすることもあれば損をすることも当然あり、損失も利益を得るのと同じくらいの可能性があることに留意しなければなりません。

株についての詳しい内容はこちらからどうぞ。
― 株のメリット・デメリットとリスク

 

FXのメリット・デメリットとリスク

数年前に一世を風靡したFXですが、その人気は大幅なレバレッジを掛けられることにあります。過去には自己資金の何百倍もの資金を運用することができた為、数日で何百万円、何千万円もの金額を手にした人もいます。
リターンが大きければリスクも大きいのが投資の常です。反対に、何百万~何千万円という損失を一夜にして出した人も当たり前に存在するのがFXの世界です。今の日本の口座では最大25倍までとなっていますが、それでも効果は十分大きいですので、レバレッジのかけ過ぎには十分注意しましょう。

― FXのメリット・デメリットとリスク

 

投資信託のメリット・デメリットとリスク

信じて託すの字のごとく、投資信託はあなたの代わりにファンドが資金を運用するため、銘柄を選んだあとは運用実績を眺めるだけになるので、作業が非常に楽な投資です。またドルコスト平均法により、積立感覚でも運用できます。
デメリットとしては、運用者は投資家のプロと言えども失敗しますし、失敗した責任を押し付けることはできません。失敗してもプロはプロなので、信託報酬や販売手数料などそれ相応の手数料を支払う必要があります。

― 投資信託のメリット・デメリットとリスク

 

外貨預金のメリット・デメリットとリスク

外貨預金はFXと良く比較対象になります。残念ながら、外貨預金は投資対象としてはあまり魅力を持ちません。どちらかというと、日本の銀行のみにお金を預けるリスクヘッジの為に利用する程度でしょう。

― 外貨預金のメリット・デメリットとリスク

 

先物取引のメリット・デメリットとリスク

先物取引で取り扱われている商品は実在するものですので、株式のように価格がゼロになるということはほとんどありません。加えて、証拠金取引による差金決済となるので、大きい利益を狙うことができます。
短所としては、昔から存在する商取引の流れからか、初心者にはとっつきにくい専門用語などがあり、覚えるのに一苦労します。更に、世界各国で起こる事象のうち、どの影響を受けて価格が変動するのかイメージしにくいのが欠点です。

― 先物取引のメリット・デメリットとリスク

 

金投資のメリット・デメリットとリスク

現在世界で流通している道具としては通貨の次に価値のあるのが金です。その昔、金貨や小判の形で通貨として利用されていたことからも価値の高さが頷けます。
金の価格は毎日のようには変わりませんが、数か月単位で変動することは良くあります。また、ドルコスト平均法による積立で、比較的安定した投資を行えるのも魅力です。
しかしながら、手数料が比較的高いこと、インカムゲインと呼ばれる継続した収入を得られないことがデメリットとしてあります。

― 金投資のメリット・デメリットとリスク

 

まとめ(余談)

投資に関するサイトは沢山ありますが、中立の立場からみたサイトというのは中々見当たりません。ある特定の商品のメリットだけを前面に押し出しているサイトは、デメリットや隠れたリスクに関する説明が疎かになっている事が多く、記事を読む際には気を付けなければなりません。また、逆にデメリット・リスクをひたすら羅列している所も問題でしょう。

全てのサイトが間違った方向に導くような目的を持って作られているとは思いませんが、記事にはどうしても筆者の趣・主観が少なからず入っている可能性があるということは知っておきましょう。そのあたりの違いも楽しみながら、商品の比較を行えると尚良いです。

今回の記事が、自分に合う投資を見つけるための判断材料になればと思います。気になる投資をチェックし、投資の一歩を踏み出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加