投資信託とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファンドマネージャー

投資っていっぱい種類あるじゃん!どれから試しせばいいのか分からないしなんか内容も難しい!そもそも本業だけでも忙しいのに、投資のことなんか勉強してる時間がない!

でも、資産運用はやっていきたい気持ちはあるんだけどなぁ。やっぱり投資しないと今以上のお金はなかなか増えないし。
誰か、私の代わりにプロの人が投資してくれたらいいのに・・・それって都合良すぎるかな?

投資信託は、そんな人の願いを叶えてくれる投資方法です。投資信託とはどのような投資なのか、その内容を見ていきましょう。

1.投資信託とは

投資信託(投信)とは、投資のプロが様々な投資家から資金を集め、まとまった資金を利用して様々な対象に投資して運用を行い、その運用から得られた利益を投資家に還元する金融商品の一種です。

ここでいう投資家とは、資金を提供する人です。投資信託には5,000を超える銘柄があり、好きな銘柄を選んで購入することで、投資のプロはお金を集めることができます。
また投資のプロ、資産運用を行う専門家達のことをファンド、専門家のことをファンドマネージャーまたはアセットマネージャーと呼びます。

投資家とファンドは相互関係にあります。投資家は投資したい資金がありますが、知識も経験もあまりありません。自ら投資するのもアリですが、失敗する可能性は非常に高いと言えるでしょう。
一方ファンドは、投資に関する知識と経験は豊富に持っています。投資で沢山儲けられるといっても、個人で投資にかけられる資金には限界があります。

投資家が資金を出し、ファンドが運用して利益を出す。ファンドは資金の一部を運用手数料等として頂き、投資家は利益の一部が投資の儲けとなるわけです。

 

投資信託の種類

投資信託の種類では、REIT(リート)と呼ばれる不動産投信、株式投信、公社債投信、外貨MMFなどが有名です。

また、投資対象や運用方法について様々な分類方法があります。資産の運用を投資の専門家に任せ、収益の一部が還元される仕組みになっています。

 

2.投資信託の特徴

投資信託には、主に3つの特徴があります。

1.投資家は運用しない

投資家は資金を提供するだけで、実際の運用には関わりません。それはファンドの仕事となります。自分で運用するのではなく、プロに運用を代理してもらうのが大きな特徴となります。そのため初心者の方でも比較的始めやすい商品と言えるでしょう。

投資信託は銘柄ごとにどのようなスタイルで運用するのかがパッケージ化されていて、ファンドのアドバイスを受けながらどの銘柄を購入するのかを決定します。
銘柄の選択権は投資家にありますが、自分で運用を行うことはもちろん、ファンドに運用の指示・指図などもできません。銘柄を購入した後は、指標がどのように動いているのか、利益を出せているのかをチェックするだけです。利益が出て入ればそのまま保持すればよいですし、損失ばかり出している銘柄は売却を検討する必要があるでしょう。

 

2.大損はしにくい

投資信託はその性質上、大損がしにくい構造になっています。ファンドは投資家から集めた資金を利用して何十~何百という対象に投資するため、分散投資効果が得られて比較的安定的に利益を出そうとするからです(大きなリターンを狙っていくアクティブな銘柄も中にはあります)。安定的に運用すれば利益も出しにくいものですが、運用する資金が莫大なものなので、ちょっとの利益でも十分な儲けになります。

万一マイナスに向かっていったとしても、分散して資金を運用しているため株のように価値がいきなりゼロになるようなことはないと言って良いでしょう。

 

3.積立て投資が可能

投資信託は一気に資金を投入することもできますが、積み立て形式で少しずつ資金を投資していくことも可能です。貯蓄+投資感覚で、内容としては確定拠出年金と近いものになっています。

貯蓄機能があるように見えますが、実績によって資金は増減します。積み立てるだけ積み立てて放っておくのはやめておきましょう。

 

3.投資信託の会社の仕組み

投資信託は、投資家からお金を集める会社、管理する会社、運用指図を行う会社が別々に存在し、それぞれ協力して投資を行っています。

販売会社

投資信託の募集とその販売を行い、投資家からお金を集めます。投資によって得られた利益は販売会社から還元されることになります。

受託会社

販売会社が集めたお金を引き受け、管理します。また、委託会社からその集めたお金の運用方法の指示が入るので、指示された通りに業務を行います。

委託会社

受託会社が預かっているお金の運用指図を行います。資産運用のプロであるファンドマネージャーがこの会社に属しています。

 

まとめ

投資信託は投資家にとって運用が楽な一方、そのまま放置してしまう方も多いかと思います。資金を積み立てていっているにも関わらず、一向に増えていないなあと感じることもあるかもしれません

いくらプロが運用するからといって、必ず利益を出せる訳ではありません。むしろ損失を出していることの方が多いという気持ちで、運用実績のチェックをかかさないようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加