債券投資とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
債券投資

満期まで保有すれば元本割れすることがないと言われる債券投資。安定型の投資が好きな日本人からすれば購入しやすい金融商品ですが、近年の経済不安から、国債など政府の債券の利率は銀行の金利近くにまで下がっています。

それはさておき、今回は債券とは何なのか、また債券における利率や利回りの計算方法を解説していきます。

1.債券とは

債券は、政府や企業などが、資金を集めることを目的に発行される証券または借用証書のことです。国・地方公共団体・企業などが発行しますので、個人間で発行される借用証書よりも信用力が高いものとなります。

通常、お金を借りるというと金融機関から審査を受け、ローン融資を受ける形になりますが、債券を利用すると、不特定多数の方から一度にまとまってお金を借りることができます。
金融機関の融資は金融機関が主導権を握っていますが、債券は発行体から働きかけるものになるため、積極的に資金を調達する方法の一つとして利用されています。

資金調達の方法としては株式に近いものになりますが、債券はお金を返す期日(満期・償還期間)が決まっていて、この期日が来ると、債券の発行体は債券を買ってくれた人に対してお金を返さなければなりません。

また、タダで資金を得ようという訳にはいきませんから、資金を貸す側に何か特になるようなもの(利子)をつけて返されます。債券には発行時に利率を設定しなればならないため、満期日に利子をつけて借りていたお金を返す必要があります。

この利子分が債券購入者の見返りになりますので、債券投資とは満期日に得られる利子を目的として投資することを指します。

余談ですが、同じ読み方・似たような漢字に「債権」があります。債券とは全く意味が異なりますのでご注意ください。ちなみに債権は、相手に~して下さいと請求する権利のことを指します。

 

2.債券の種類

債券は、「誰が発行したか」によって主な分類をすることができます。発行体の違いによる債券の名称は以下の通りです。

  • 国債・・・・・国が発行する債券。
  • 地方債・・・・地方公共団体が発行する債券。
  • 特別債・・・・政府に関係する機関(公社・公団・公庫・特殊法人・特殊団体など)が発行する債券。
  • 公共債・・・・国債・地方債・特別債を合わせた呼び方。
  • 金融債・・・・銀行など金融機関が発行する債券。資金調達方法の多様化から、今は一部の金融機関しか発行しておらず、数は減少傾向にある。
  • 社債・・・・・会社が発行する債券。

このほか、優先債・利付債・短期債・私募債など、分類方法の違いによって様々な債券がありますが、○○債となっている名称のものは基本的に債券の一種になります。

外国債については、国内のものではなく外国の債券になりますので、為替の変動の影響を受けることを覚えておきましょう。

 

3.債券投資の利回りと利率の計算方法

利回りと利率はどちらも似たような言葉の響きをもっていますが、内容は少し異なります。気を付けておかないと痛い目を見る可能性があるかもしれないので、両者の違いをしっかりと理解しておきましょう。

その前に、額面金額について少し説明しておきます。額面金額とは、債券の購入に必要な最低金額の単位のことで、債券に記載されています。利率・利回りを計算する際に使用されますが、実際に購入する時の金額は発行価格が利用されます。また、投資した資金が返ってくる(償還)時の金額にもなります。

利率・利回り計算、償還される時・債券を購入する時の基準となる金額だと認識しておきましょう。

利率の計算方法

債券の利率は、表示されている額面金額で購入し1年後に償還された場合の利息に対する割合のことです。パーセント(%)で表示されます。額面金額に利率を掛けると利息の金額が求められます。

額面金額100万円、利率が5%の場合の利息は、
100 × 0.05 = 5万円
よって利息は5万円となります。

逆に利率を求めたい場合は、利息の金額を額面金額で割ると求められます。
利息4万円、額面金額100万円の場合、
4 ÷ 100 = 0.04
0.04 = 4%
よって利率は4%となります。

 

利回りの計算方法

前述したように、債券を購入する際は額面金額で購入するのではなく、実際に販売されている価格(発行価格)で購入します。債券への投資を考える際には額面金額と発行価格の差、償還日(満期日)までの期間を含めた計算が必要です。

債券の利回りは、投資した金額に対する年間収益が何%になるか、割合にしたものです。
ここでは、発行価格=投資金額です。

例)
額面金額・・・・・・・100万円
発行価格(投資金額)・・97万円
利率・・・・・・・・・4%
償還日までの期間・・・3年間

まず、利率の計算方法を利用し、年間の利息による収益がいくらになるか、また償還日までの利息の合計額がいくらになるかを計算します。
100万円 × 0.04 = 4万円

今回償還日までの期間は3年間ありますので、
4万円 × 3年間 = 12万円が利息による合計収益となります。

次に、お金が返ってくる時の金額は額面金額なので、額面金額と投資金額と差益を計算します。
100万円 - 97万円 = 3万円

そしてこの差益と利息の合計額を足し、年間の収益を割り出します。
(12万円 + 3万円)÷3年間 = 5万円

最後に、年間の収益を投資金額で除すると利回りが出ます。
5万円 ÷ 97万円 × 100 = 5.15%

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加