外貨預金とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外貨預金

外貨預金とは、日本円で預金をする代わりに外国の通貨で預金を行うことです。
言葉の説明だけならこれで終わりなのですが、今回は投資との関わり合いの観点から、もう少し深く見ていきましょう。

1.日本の銀行の金利が低さが事の始まり

そのお金、銀行に預けておくのは勿体ない!銀行の金利は雀の涙」でもご紹介しましたが、日本の銀行でお金を預けてもATMの取引手数料分を稼げるかどうか怪しいぐらい、利息で得られるお金は微々たるものです。バブル時代など、昔は今では信じられないくらい預金金利が高かったのですが、現在は日本の銀行に預けてもお金が増えなくなったと言っても過言ではなくなりました。

そのため、日本の銀行に比べて預金の金利が比較的高いと言われる海外の銀行にお金を預け、利息を得ようというのが投資としての外貨預金の見方です。

日本より金利が高く、預金による利息を獲得しやすい外国通貨は、オーストラリアやニュージーランドドル、南アフリカランドとなっています。最近では、米ドル、ユーロやポンドなどはそれほど魅力的ではなくなってきています。
これらの外貨の金利の高さから外貨預金のメリットがあると言えますが、次にお話する為替変動による損益を理解しておかなければなりません。

 

2.為替変動による損益

現在、外国の銀行では日本よりも金利が高い場合が多いので、金利の高さを狙ってお金を稼ごうというのが外貨預金の目的です。
ところが、この高金利のメリットを帳消しにしてしまう出来事があります。
そう、気をつけなければいけない点は、為替レート変動の影響により、2通貨間のお金の価値が変わってしまうということです。

次の例をみてみましょう。(分かりやすく説明する為に、手数料等は考えないことにします。)

米1ドル100円の時に1ドル預金をすると、日本円で支払うお金は100円です。
米1ドル=100円が成り立ちます。

次に、米ドルの貨幣の価値が上がり、米1ドルが110円になったとしましょう。今まで100円で買えていたのに、今度は110円になるわけですから、私達からしてみれば実質ドルの値上げです。
当然、この時に米ドルで預金しようとすると、支払うお金は110円となりますので、同じ1ドルの預金なのに、10円多く支払うことになるのです(円安)。

逆に米1ドル90円の時に1ドル預金をすると、支払うお金は90円で済むので、10円お得ということになります(円高)。

間違えてはいけないのが、これは円でドルを購入する場合に当てはまる、ということです。ドルからまた円に戻すときは、逆の理屈になります。つまり円高になればなるほど損をし、円安になればなるほど得をすることになります。
(円高)米1ドル→90円手もとに残る
(円安)米1ドル→110円手もとに残る

為替の理屈に関しては、某大手金融機関に勤めていた方でも時に勘違いしてしまうほどややこしいものなので、何度も復習した方が良いでしょう(かく言う私もどっちが円安でどっちが円高だったかど忘れすることがあります笑)。

通貨を交換する時にこの為替変動の影響を理解しておかないと、せっかく高金利によって得られた利益が取引のタイミングによっては台無しになることもあります。

円安の時には取引を控え、円高の時に外貨預金をする。逆に外貨から円に戻したいときは、円高の時には取引を控え、円安の時に円へ戻しましょう。

 

3.手数料の問題

外貨預金には為替に加えてもう一つ知っておかなければならないポイントがあります。それは、取引を行う際に金融機関に支払う手数料です。

残念ながら、金融機関はタダで外貨預金を行ってくれる訳ではありません。彼らも商売ですので仕方のない部分ではあります。為替取引を行うときのレートの中に、為替手数料が含まれていることが多いでしょう。

問題は、この手数料がボディーブローのようにパンチを効かせてくる所にあります。
基本的に取引を行う度に為替手数料が発生しますので、預ける回数が増えれば増えるほど、手数料がかかる仕組みになります。しかもこの手数料が高い。銀行によっては運用が楽などの理由で定期積立をオススメしたりしていますが、そんなことをしてしまうと、どんどん搾り取られていきます。よかれと思って少しずつ預金しようという思いが仇になりますので、注意しましょう。
他には、好きな時に取引がしづらい、途中解約が難しいなどのデメリットもあります。

 

4.外貨預金の将来性

それでも外貨預金で得られる金利は魅力的なものだったのですが、近年になってFXという外貨の証拠金取引を行う投資が登場しました。FXという名前は皆さんもも聞いたことがあるかもしれません。

FXの発足当初はレバレッジに対する規制もなく、巨額の負債を抱え込むリスクや業者の倒産など様々な問題を抱えていたのですが、それらの問題も徐々に解決されてきています。

FXでレバレッジを1倍に設定して行う取引は、外貨預金の取引内容とほぼ同様のものと言うことができます。外貨預金のサービスは今後終了していく可能性があるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加