株の初心者が始める方法を買い方・売り方から解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株の買い方・売り方を教える女性

株式は、投資商品の中でも一番名が知られているものの一つです。ニュースでも「今日の平均株価は○円です」と、よく聞きますね。

その認知度から私も株を始めてみたいという方は少なくないと思いますが、その方法は学校で教えてくれるわけではありません。自ら進んで動かないといけないのです。

じゃあ株を始めたいから勉強しようかと思っても、ただ単に銘柄だけ見ても沢山ありますので、どこから手をつければ良いのか初心者の方はつまずいてしまうと思います。

でも大丈夫。この記事で株式投資の始め方を懇切丁寧にご紹介しています。
株式投資をスタートするには株の買い方をまず知っておく必要がありますので、株の購入方法から学び、第一歩を踏み出しましょう!

1.証券会社で口座を開設する

初めのステップとして、まず証券会社で口座を開設します。この口座は「証券口座」と呼ばれ、株の取引を行うために使用されます。
これは銀行口座と似ていて、証券口座には株の取引を行うためのお金を預けておくことになります。

最近ではインターネット上だけで取引を成立される「ネット証券」があり、主流になりつつあります。
手数料が安く、費用を抑えられるという点でオススメしますが、はじめは何かと不安という方も多いと思います。

ネット以外の証券であれば様々なアドバイスを頂けるので、一般の証券会社で先に口座を開設し、慣れてきたらネット証券でも口座を開設する方法でも良いでしょう。

 

2.口座に資金を振り込む

口座に資金を振り込む

証券口座の開設が終わると、次はその口座に株を購入する為の資金を入金します。

入金方法は、ATMで自分の口座へ直接入金する方法と、銀行口座を持っている窓口から振り込む方法、インターネットバンキングサービスを使いネット上で入金する方法の3つがあります。

一番便利なのはネット上で入金する方法です。銀行振り込みなど一般的な方法では、入金確認にある程度時間がかかってしまいます。
しかし、証券会社のインターネットサービス、銀行のインターネットバンキングサービスを使った方法であればリアルタイムで入金が反映されますし、振込手数料が無料の所がほとんどです。

ネット上で入金するためには、口座を開設した証券会社・銀行の両方でインターネットサービスを利用する登録をする必要があります。

 

3.購入する株を選択する

入金が確認できたら、次は自分の買いたい株を選びましょう。
どの株を選べば良いか分からないと思うので、試しに自分の知っている会社の株を購入してみるのが良いと思います。

気をつけてほしいのが、「株価」と「単元株式数」と呼ばれる数字です。

「株価」は1つの株に対する値段で、「単元株式数」は購入に最低これだけ必要だという株式数になります。
この2つは株式によってバラバラなので、練習で買う場合は出来るだけこの数値が低いものを購入した方が良いでしょう。

 

4.株を購入する注文を出す

購入する株を決定したら、実際にその株を買ってみましょう。株を購入することを「買い注文をする」、または「買いの注文を出す・する」といいます。

どの会社の株を何株購入するのか(※1)という注文をしますが、注文方法が「成行(なりゆき)注文」と「指値注文」の2種類があります。

簡単に説明すると、成行注文は株の値段を相場に任せて買う方法、指値注文は自分のほしい値段で株を買う方法です。

指値注文をすると、自分のほしい値段で売ってくれる人が見つかるまで買えません。また、一定期間を過ぎても見つからなければ、注文は取り消しで再度注文をしなければならないので時間がかかってしまいます。

成行注文であれば、株を売ってくれる人の値段に合わせて購入することになります。

取引があまりにも少ない銘柄でない限りは、適正価格で取引が行われます。
ですからはじめは、成行で買い注文をしましょう。

※1 取引されている株式の名前を銘柄と呼び、株式の数え方には○株と○枚があります。

 

5.取引が成立する

取引の成立

ここで遂に、あなたの注文した取引が成立します。お疲れ様です。

注文した取引が成立することを「約定(やくじょう)する」といいます。

現在ネット証券など、ほとんどの証券会社では株券が発行されないため、あまり実感が湧かないかも知れません。しかし、約定したかどうかの結果は、ネット上で確認することができます。

パソコン・スマートフォンを使えば、いつでもどこでも注文・確認ができるので非常に便利です。有効活用しましょう。

 

6.株を売りたいときは?

株の売り方(売り注文の方法)は、買い注文の方法とさほど変わりません。今まで行った動作を「売り」で行うだけです。
買う時と同じように、売りたい銘柄・株の数を決め、成行か指値かの注文方法を選びます。

ここでも、指値注文だと売るのに時間がかかり、売れない内にどんどん株価が下がってしまい、結果的にかなり損してしまったという事態が起こってしまいます。
そのため、はじめは成行注文で出した方が良いです。

練習であれば、買い注文の練習をした時に購入した株を売却してみましょう。

 

まとめ

初めて株をスタートしてから最初の取引が終わるまでは、1~5までのステップを踏めば終わります。一度口座を開設すると、後は買い注文・売り注文の取引を約定させ、継続的に行っていくだけです。
あとは繰り返しになるので、続ければ次第に慣れてくるので、難しくもなんともなくなります。

株式をより極めようとすると、複雑な手法や経済情勢、企業の業績を知っておく必要があるので、奥が深いですが、基本的には注文の行動を繰り返す作業になります。

1.について、一般店舗で口座を開設して取引を行っていた方は、ネット証券の口座を新たに開設しても良いでしょう。

逆に、証券会社の担当者からアドバイスを聞きながら取引を行いたいという方は、店舗型の口座を設けても良いですね。ずっと使い続けていく中で特に不満がない限り、証券会社を代えることはあまりないでしょう。

2.について、取引に使える資金を増やしたい場合は、口座に再度入金します。
証券口座へお金を入れすぎると、使いすぎてしまう原因になります。投資に必要な金額だけを入金するようにしましょう。

 

以上、はじめての株の買い方・売り方をご紹介しました。

これを機に、株式投資の初めの一歩を踏み出してみてはいかかでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加