小口化不動産投資

不動産は時に莫大なお金がかかる商品です。オフィスビルやデパート・ショッピングモールなどの商業施設では、土地の購入や建物の建設に何億、何十億、何百億円という費用がかかってきます。大規模な不動産はそれだけ魅力的ではありますが、個人で購入するには資金面で限界があります。
そこで、この問題を解消するために考え出されたアイディアが、小口化不動産投資です。単純に言えば、皆で少しずつ出し合って不動産投資をしましょうということです。
小口といっても、昔は一口あたりの金額に制限(最低出資制限)がなかったため、一口何千万、場合によっては一億のケースもあったそうです。不動産バブルの時代は、いくらで買っても不動産価格がその後も上昇していくと考えられていたため、そのような大金でも投資した人が大勢いました。しかし皆さんもご存知の通り、不動産バブルの崩壊後は小口を購入した方のほとんどが大損する結果となったのです。
現在は一口の価格に制限がなくなり、低いものでは10万円ほどから購入できるようになりました。