ワンルームマンション投資

不動産投資の鉄板とも言えるのが、ワンルームマンションへの投資です。マンションと名前がついていますが、ワンルームのアパートもこの投資の内に入ります。購入した物件を賃貸に出し、賃貸収入を得ることによって投下した資本を回収します。
ワンルームマンションは、その数の多さと賃貸としての需要の高さから、売買取引が盛んに行われています。学生時代やお仕事の都合でなど、一度はワンルームのお部屋に住んだ経験がある方も多いでしょう。そうでなくても、知り合いが借りていたという話は聞いたことがあるはずです。賃貸の需要が高いということは、投資目的で賃貸用の不動産を購入したいという需要もそれだけ高くなります。特に東京や大阪などの都心では活発に取引が行われています。あなたの借りた部屋も、誰かが投資目的で購入した不動産かもしれません。
加えて、ワンルームマンションは他の不動産より比較的少額で購入でき、所有権の取得(自分のものとして持つこと)が可能なので、本格的な不動産投資への入り口となっています。
賃貸用の不動産を一つでも購入すれば、あなたも立派な不動産のオーナーです。その前に、ワンルームマンション投資に欠かせないポイントを学びましょう。