6種類からみる不動産投資の方法でどのタイプが合いそうか探してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産投資

皆さんは不動産投資と聞いて、どのように投資をするのかご存知でしょうか?
一口に不動産投資と言っても、実は様々な投資先が多様化してきています。アパートやマンションへ投資するポピュラーなものから、土地の購入による駐車場経営、一戸建てなどへの投資もあります。最近では、投資信託の要素を備えたREITも人気が高まっています。

また、不動産投資のどれもが他の投資と比べ、多くの準備資金を必要ではないかと感じていませんか?住宅の購入を経験したことがある人なら、不動産の購入にかかる金額をある程度は知っているため敷居が高いイメージを持たれているかも知れませんが、投資先によっては、少ない資金でも十分始めることができます。

今回は、予算と始めやすさの観点から、不動産投資の種類をご紹介していきます。よって予算・初心者が始めるハードルの高さが異なります。初心者向けのものはリスクが比較的低いので始めやすく、上級者向けの投資先は大きな金額を投資するためリスクが高くなりますが、その代わりに得られる利益も大きくなります。どの不動産投資が相性が良いか、自分に合いそうなものを探してみましょう。

リンクからそれぞれの投資を詳しく解説したページへ飛べます。参考にご覧ください。

REIT(J-REIT・不動産投資信託)【初心者向け】(予算低)

Real-Estate Investment Trustの略で、リートと読みます。不動産投資信託・証券化不動産投資とも呼ばれます。
他の不動産投資は基本的に不動産そのものを購入しますが、REITの場合は投資信託の一種であるため、直接には不動産を購入しません。J-REITなどの不動産投資信託を通じて不動産会社の銘柄を購入し、その企業が行った投資の運用実績によって価格の上昇を狙ったり、分配金を得たりします。
一口の購入価格は銘柄にもよりますが、不動産を購入するよりも低くなり小額から行えるので、初心者にとって始めやすい投資の一つとなっています。

反面、投資信託の色が強いので、一度銘柄を購入すればあとは価格の上昇を願うだけです。不動産投資のような実際の物件を所有するような面白みをあまり感じられないかも知れません。

 

ワンルームマンション投資【初心者向け】(予算低~中)

本格的な不動産投資を始めるのであれば、ワンルームマンションの購入が初心者に取っての第一歩となります。ワンルームといっても間取りは1Rだけでなく、1DKや1LDKなどの間取りももちろんワンルームマンションの内に入ります。要はマンションやアパートの一室を購入し、賃貸経営を行うということです。

中古であれば300万円程度から購入できる物件もあり、初心者に限らず一番人気の高い投資先となっています。新築・中古の違い、都心・郊外の違いを知り、見極めることが大切です。

 

小口化不動産投資【中~上級者向け】(予算中)

ビルなど金額の大きい不動産価格を分割し、投資家がそれぞれ分割した分の金額を支払って購入します。
実際に物件を買うので、投資家は支払った金額に応じた共有持分権を持つことになります。共有持分権を分かりやすく言えば、一棟のビル内にあるオフィスルームの一室を所有しているようなイメージです。

そのそもこの手の投資情報は一般の人には手に入りにくいので、不動産業界に関わっている人向けになるでしょう。

 

戸建て賃貸経営【中級者向け】(予算中)

不動産投資はマンションやアパートだけはありません。一戸建てを購入して賃貸経営を行う投資もあります。
戸建てはマイホームの購入ぐらいしか思い浮かばない方が多いかも知れませんが、これが結構、場所によっては需要があるものなんです。しかも、一度入居者が決まれば長い間借りてくれる方が多いのも魅力です。

また、マイホームに別部屋を建てて賃貸経営を行う方法も増えてきています。この場合、一定の要件をクリアすれば住宅ローンで購入出来るため、ローン金利を抑えて始めることもできます。

 

 

駐車場経営【中級者向け】(予算中)

車での移動は便利ですが、都会や人が集まるような場所ではでは中々駐車させるスペースを見つけられません。そのような方達へ救いの手を差し伸べるサービスが、駐車場経営です。土地を購入してコインパーキングや月極駐車場などを運営します。女優の壇蜜も駐車場経営を行っているとの噂があります。

地主として既に土地を持っている人は始めやすいですが、近年土地活用が進み、既に始めている人も増えてきていますので、駐車場に適した土地を探すのが年々難しくなってきています。

 

アパート経営・マンション投資(一棟)【上級者向け】(予算高)

アパートやマンションまるごと一棟を購入すれば、多くの部屋を一斉に貸しに出すことができます。一気に賃貸収入を得る方法ではありますが、購入価格も値を張るものになりますので、ほとんどの場合ローンが必要です。
ある程度安定した資力がある方でなければ、金融期間からの融資が下りにくく、ローンなしで購入しなければならないので始めるのは難しいです。公務員の方などはオススメですね。
既にワンルームマンション投資で経験がある方、大勝負をしたいのであれば挑戦しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加