老後の生活施設の金額はいくら必要か?目安となる金額は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
老人ホーム・介護施設の費用はいくら?

老後の生活をどのように送るかを考えると、老人ホームや介護施設の利用が検討対象に入ってくることでしょう。しかし、一体いくらぐらいの費用がかかるのか、実際に入居を検討する段階にならないと分かりにくいというのが現状です。

その理由の一つに、一口に老人ホームといっても様々な種類の施設が存在し、少し複雑になっていることが挙げられます。老人ホームというのは高齢者が入居する施設の総称で、介護レベル、サービス内容や用途、運営団体によって名称・費用の金額も変動します。

でもどのくらいかかるのか、ある程度の目安が知りたいもの。今回は老人ホーム・介護施設の目安となる費用を提示したいと思います。

1.入居一時金 (0~数千万円)

老人ホーム施設独特の料金システムとして存在しているのが、この入居一時金と呼ばれる費用です。

最近ではこの費用が0円、つまり払わなくてもよい所が増えてきましたが、施設によっては数千万円、場合によっては億という額を支払う必要がある施設もあるようです。傾向としては、月額費用が高い所ほど入居一時金も高く設定されている傾向にあります。

この費用の元々の目的は、その施設を終身に渡って利用する為の権利金として考えられてきました。しかしながら、老人福祉法が改正され、現在はそのような名目で徴収することはできなくなっています。

しかしながら、実質上はこの入居一時金が、権利金としての役割を果たしているといっても過言ではありません。

「有料老人ホームの設置者は、家賃、敷金及び介護等その他の日常生活上必要な便宜の供与の対価として受領する費用を除くほか、権利金その他の金品を受領してはならない。(老人福祉法第29条第6項)。
参考URL(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S38/S38HO133.html)」

老人福祉法が改正されてからは、入居一時金を0円としている施設も所々増えてきています。このことから、今後この入居一時金については料金体系が変更する可能性が高いと言えるでしょう。

2.月額費用  (20万円前後)

こちらは、施設を利用することによる月々の費用を計上しています。

月額費用の詳細は、部屋を借りることによる月額賃料、老人ホームの管理・事務費用に充てられる管理費、毎日の食費です。加えて、介護保険法で定められた基準を超えるサービスを提供できる施設では、介護上乗せ金という費用が計上されています。

もちろんそれぞれの施設の充実度や内容によって金額は変動しますが、月額費用は20万円前後が標準的な金額といえるでしょう。

20万円を切る施設では、一見すると比較的安く見え、施設を探している段階ではお得感を感じることができます。ただし、食費の費用が別途かかるケースが多く、月額の合計が三食付の施設よりも割高になることもありますので注意が必要です。

特別養護老人ホームでは月額費用がかなり抑えられますが、当然人気が高いので、入居できるまでの待機時間がかなりかかるというのが難点です。

3.介護費用  (2.5万円前後。介護レベルによって変動)

介護サービスとその費用は、介護を受けることになる方が必要な介護レベルによって変動します。レベルの区分は要支援の1から2、要介護の1から5となっており、それぞれ受けられるサービスと費用も異なります。

介護費用は保険の適応対象となり、費用の1割が自己負担となります。地域・介護が必要な度合に応じて費用も変動しますが、保険適用内のものであれば2.5万円前後に落ち着くようです(日本経済新聞。参考URL:http://www.nikkei.com/money/column/nkmoney_tokushu.aspx?g=DGXNASFK2502M_25102012000000)。

4.医療費   (必要に応じて費用が発生)

なるべく健康でいたいと思いとは裏腹に、年を取ってくると様々な病気や怪我に悩まされる確率が高くなります。

これらの医療行為が必要な出来事が発生した時には、治療を行う為の医療費が別途かかってきます。

5.その他雑費 (2万円前後)

最後におむつやシャンプー、娯楽を楽しむ為の生活費用が月額の費用にかかってきます。

ここは個人によって支出額が変わるところではありますが、目安として2万円としておきましょう。

まとめ

入居一時金、医療費を除いた額で計算すれば、月額にかかる費用は合計で約24.5万円、年間に換算すると294万円、約300万円が必要になるということが出来ます。

65歳から20年間入居すると考えると、合計で約6000万円必要となる計算になります。

現代の高齢者は65歳でもまだまだ元気に暮らしていらっしゃる方が多いので、実際に介護が必要は状況に入るのは70~75歳くらいからではないかとも思います。

以上の金額は全て目安の金額となっています。実際の費用は施設によって変動しますので、一度問い合わせてみるのも良いでしょう。

老人ホームや介護施設で安心に暮らしたい方は、老後の資金計画を立てる上で必要な費用となるでしょう。一つの目安として参考にして頂ければ嬉しいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加