簡単にできる女性の副業から高収入を狙えるものまで19選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性・OL

会社の業績的にも職場環境的にも安定しているし、転職などは考えていない。

ただ、業種柄のせいかなかなかお給料が上がらない・・・そのようなご事情をもっている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで選択肢として出てくるのが副業です。好きなものを買う為のちょっとしたおこづかいを稼ぐため、アフターファイブや休みの日を使って副業を行っている方がいます。

OLの方ですとアフターファイブを有効に使える方も多いでしょうし、女性にしか出来ないお仕事も数多くあり、幅広い業種の中から選ぶことができます。

今回は、女性・OLが主に行っている副業をご紹介します。

1.コンビニ店員

コンビニ
比較的楽に始められるものの一つがコンビニ店員です。24時間営業ですし、時間の都合が合えばいつでも入ることができます。

業務も激しく動かなければいけない訳ではなく、複雑な業務もほとんどありません。

近いものとしてはネットカフェ漫画喫茶があります。こちらもコンビニ店員と同様の形で働くことができます。

2.レストランスタッフ

飲食業でアルバイトをしたことがある方は、レストランのホールスタッフ等も視野に入ってきます。

ピーク時は忙しいですが、逆に時間が経つのが早く感じて良いと思う方もいます。

3.居酒屋スタッフ

こちらもレストランと業務内容面ではほぼ同じですが、お酒を提供することと、時間帯が夕方~夜という特徴があります。

お座敷形式の居酒屋の場合、料理やお酒提供の度に立ち座りを行わないといけないので、体力面も要求されます。

金・土と祝前日が忙しいので、その曜日間でのシフトに入ることを求められることが多いです。

4.カフェスタッフ・バリスタ

カフェスタッフ
女性に人気のアルバイトにカフェスタッフやバリスタがあります。

名前の響きも良いことから応募する方は多いですが、カフェスタッフとバリスタは業務内容が違います。
カフェスタッフの場合ですと主にレジや配膳などのホール業務になりますが、バリスタの場合はコーヒーの淹れ方を学ばなくてはなりません。

コーヒー好きな方におすすめの業種です。

5.ケーキ屋・クレープ屋スタッフ

こちらもカフェに続き女性に人気の業種です。ケーキやクレープ作りには繊細さが求められるため、お菓子作りが得意な方にオススメします。

 

6.コールセンター・サポートセンター・テレアポ

コールセンター・テレアポ
ひたすらお客様との電話対応を行う仕事です。

OLの方であればなんらかの電話業務を行っている方も多いと思いますので、比較的始めやすい業種ともいえますが、中にはノルマを課せられることもあります。

時々激しいクレームを受けることもあるので、忍耐性も必要だといえるでしょう。

7.内職作業  組立・検品・梱包スタッフ

商品の組み立てや検品などのチェック作業、ラッピングや梱包などを行う内職業務も、重労働とならないため女性が行いやすい職種となります。

デメリットとしては、主にアルバイトでしっかりシフトに入れる方が対象となるため、募集が比較的少ないことが挙げられます。

細々した作業を淡々を行うことになるので、それが苦にならない方にオススメします。

8.看護師・介護士

看護師・介護士
意外に思われるかたもいらっしゃるかも知れませんが、実は看護師も一日からのバイトを行うことができます。

介護業界では、介護士のみならず看護師も不足しているため、ニーズは高いようです。

実務は介護の業務が多い、資格を持っていることが前提となってきますが、高給であることが多いので、資格・免許をお持ちのかたは検討してみてはいかがでしょうか。

9.ティッシュ・チラシ配り

都心や駅前、繁華街などの場所に行くと、ティッシュやチラシを何枚も持って配っている方がいますよね。あのお仕事になります。

簡単そうに見えますが、ノルマもあり実際にやってみると楽な仕事という訳ではありません。しかし、単発でも入りやすいですし、時給もそこそこ高いお仕事となります。

10.講師・家庭教師

女性講師・家庭教師
自分に何か秀でたスキルがあると、講師として教室を開いたりすることで副業を行えます。

語感の響きに対して難しく感じる必要はなく、お料理教室や絵描き、英会話など、皆で集まってお勉強会をしましょうという形でもよいでしょう。

また、顧客が望む時間帯と合致すれば、家庭教師も行うことが出来ます。

有名大学を卒業していれば有利には働きますが、必ずしもそうである必要はありません。教えることが好きな方または自信のある方、子どもが好きな方にオススメできます。

11.翻訳

語学力に自信のある方は、翻訳業務を行いおこづかいを稼いでいます。

一般のアルバイトでは時間帯の制限からか、副業でも行えるようなものは見つかりにくいですが、クラウドソーシングサービスを使って沢山の方が翻訳の仕事を募集しています。

圧倒的に多いのは日英や英日の翻訳ですが、他にも中国語や韓国語の翻訳のお仕事も入ってきやすいです。

12.不動産経営・不動産投資

女性不動産経営
女性の方は不動産経営は難しいとのイメージを持たれている方も多いかも知れませんが、実は隠れてやっている方が結構いるみたいです。

有名どころで言えば、壇蜜さんが駐車場経営を行っているという話が出ていますね。

不動産の購入には諸費用や頭金の準備など、ある程度の自己資金をあらかじめ貯めておく必要があります。しかし、副業規定にもひっかかりにくく、ほぼ不労所得ともいえる収入を毎月○万円も確保できる大きなメリットがあるのが不動産投資の特徴でしょう。

13.古着販売

趣味が変わり、もう着なくなった商品や、買ったけど一度も着なかった洋服などを売り、おこづかいを稼ぐ方法があります。

昔はフリーマーケットなどで売ることが多かったのですが、今はネットオークションなどで販売する方法がメインになっています。

皆さんもやったことのある方は多いのではないでしょうか。

写真を撮って商品概要を載せ、後は問合せが来るのを待つだけなので楽ですね。服だけでなく、いらなくなった物も商品として売ることができます。

14.ウェブライター

おしゃべり好き・文章を書くことが好きな方が活かせる副業があります。ウェブライターとは、ウェブサイト上のあちこちに散らばっているような記事を書くお仕事となります。

パソコンに向かって座り、依頼されている記事内容にあった文章を書くだけなので誰にでも始められる反面、現状では文字に対する単価が低いというデメリットもあります。

15.アクセサリーの自作販売

アクセサリー
モノづくりがお好きな方は、キーホルダーや指輪の制作など、自作のアクセサリーをネット上で販売し、副業を行っている人がいます。ハンドメイド作家と呼ばれることもあるようです。

今はハンドメイドのみのモノを集めた規模の大きい商品サイトもありますので、そちらに自分の商品を載せる手もあります。

趣味の範囲で自分の制作したモノが商品として売れるということであれば、楽しんで活動することもできますし、おこづかい稼げるといったメリットがありますが、副業として継続的に行うには相応の苦労が必要な仕事となるでしょう。

16.コーヒーレディ

パチンコ店でお客様にドリンクなどを勧めるお仕事です。コーヒーを頼むお客さんが多かったことからこの名がついたのかも知れません。他の呼び名としては、コーヒーワゴンやワゴンレディなどがあります。

時給はそれなりに高いですが、パチンコの音やたばこの煙が大丈夫な方に限られてくるでしょう。

似たような職業では、野球やサッカースタジアムでドリンクを販売する売り子の仕事があります。

17.試食販売・デモ販売

試食・デモ販売
おすすめ商品などを売る為に、試食という形でお客様に提供し、宣伝を行うお仕事です。百貨店やスーパーマーケットなどでお馴染みの光景ですね。

このような仕事は長期的に実施するものではあまりなく、単発バイトがメインになるので、土日や祝日など休みの日を利用して働きやすいです。

日給は高く設定されていますが、一日中声を出し続けなければいけないので、以外に体力が要求されるお仕事です。

18.イベントコンパニオン

イベントコンパニオンとは、モーターショーなどの展示会やイベント会場で商品のPRを行う職業です。

イベントが開催される度に派遣される形が一般的となります。事務所によっては試食販売やデモ販売からスタートする所もあるようです。

業務内容自体はそこまで難しいものではない反面、面接時には顔や体のバランスなどルックスを重視される傾向にあるので、容姿に自信のある方でないと難しいでしょう。

19.スナック・キャバクラ・ガールズバー

夜のお仕事として挙げられる、代表的なものがスナックやキャバクラ・ガールズバーでの接客業です。

自分の好きな日に入りやすい・高給というメリットがありますが、時間帯は夜から深夜、場合によっては朝までということもありますし、お酒も入るので本業との両立がかなり大変なお仕事となります。

また、本業の会社から副業として認められる可能性がほぼゼロに等しいので、どうやりくりするかは個人の判断によることとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。女性・OLが副業を行える選択肢は沢山ありますが、そもそも本業の会社で副業が禁止されていれば始めることができません。

バレなければ良いという考えの下、副業している方もいらっしゃるかと思いますが、バレてしまった時のことまで考えていらっしゃる方は少ないのではないでしょうか。最悪の場合、本業の職を失う可能性があります。

実際にやるかどうかの判断は自己責任でお願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加