ネットを使った副業で収入が見込めるおすすめリスト20選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット副業|パソコンとコーヒー

インターネットを使ったビジネスは進化をし続けています。

今やネットのない人生なんて考えられない時代に入ったのではないでしょうか。

今回はパソコンやスマホだけでほぼ完結する副業のリストを20個列挙してみました。恐らくネット関係の副業で、全体の90%以上は網羅できていると思います。

副業の始めやすさは稼ぎやすさにも比例しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

副業の始めやすさ・稼ぎやすさ:低

データ入力

データ入力する女子
ひたすら与えられたデータや文章の入力をパソコンで行う。在宅で出来るものもあるので、タイピングスピードが速い人ならオススメです。その他には文章校正のお仕事もある。

 

NAVERまとめ記事投稿

まとめイメージ図
ネットから色んな情報を仕入れてまとめて記事し、NAVERまとめへ投稿する。閲覧数に応じて収入が得られる。最近では流行りすぎて埋もれてしまいやすい。

 

ポイントサイト(お小遣いサイト)

ポイントサイトイメージ図
商品を買ったり、登録を行うとポイントが得られ、ポイントを換金できる。中にはCMを見るだけでポイントが稼げるサイトもある。

 

セルフバック

こちらはポイントサイトとほぼ同じだが、現金で直接収入が入る。アフィリエイトと組み合わせることもできる。

 

せどり

せどりイメージ図
Amazonなどの大手で販売されている価格よりも安い中古品を見つけ、ネットで販売し差額を得る方法。当てはまる商品は中古本が多い。

 

副業の始めやすさ・稼ぎやすさ:中

ウェブライター

ひたすら文章を書き、記事を作成する仕事。文章を書くことが好きな・得意な方にオススメ。専門的な知識を書けたり、文章力が高いと収入も上がりやすい。

 

YouTube動画広告

YouTube動画広告イメージ図
ユーザーの興味を引き付けられるような動画を投稿し、視聴数を集められれば広告収入として手に入る。本業で行っている人はユーチューバ―などが有名。

 

ドロップシッピング(商品がなくてもネット通販ができる。ネットの販売代行)

商品がなくてもネット通販が出来るということで、テレビでも取り上げられたことがある。
ネットでの販売代行に近い型。

 

ネットショップ

ネット上に店舗を設け、自分の商品を販売する。そもそもの商品がなければ成り立たない。オンラインショップとも呼ばれ、商品を売るための際とはECサイトとも呼ばれる。

 

アフィリエイト

アフィリエイトイメージ図
自分のウェブサイトやブログに商品を掲載し、売れればインセンティブとして収入を得ることができる。ネットビジネスで非常に有名だが、それゆえ儲けるのが難しい。

 

輸出入ビジネス

海外で売られているブランド物を購入し、日本に取り寄せ販売する。その差額を得るビジネス。またはその逆の取引もある。英語・中国語を使えると有利。

 

ネットオークション・ネットフリマ

商品をオークション形式で売る方法。せどり、ネットショップ、輸出入ビジネスなど、様々な方法をネットオークションに組み入れることができる。

 

LINEスタンプ販売

LINEスタンプイメージ図
自分が書いたイラストをスタンプにして、LINEスタンプとして販売することができる。
愛着のあるスタンプを作れるかがカギ。

 

副業の始めやすさ・稼ぎやすさ:高

ウェブデザイナー(必要スキル:html, css,  javascriptなど)

企業や個人向けにのウェブサイト作成を行う。html、css、javascriptなどのウェブ言語を習得している必要あり。腕に自信のある人は本業としても問題ない。

 

グラフィックデザイナー(必要スキル:IllustratorやPhotoshop)

雑誌・ポスター・チラシ等に使われるイラストを作成する。ウェブデザイナー・グラフィックデザイナー共に、本業としている人も多い。

 

情報商材販売

ネットを通じて特別な情報を販売する方法。売り方・儲け方などの~する方法という情報が商品になる。自分だけしかしらず、他の人にも利益になる内容であれば収益に繋がる。高額の商品が多く、悪い噂が立ちやすい。

 

Googleアドセンス広告

ウェブサイト・ブログに広告を掲載し、ユーザーがクリックするごとに収入が得られる。いかにウェブサイト・ブログをユーザーに見てもらえるか工夫する必要がある。

 

翻訳

ネットを通じて翻訳業務は非常にやりやすくなった。依頼された文章を翻訳するだけだが、それには高い言語力が必要。

 

プロダクトローンチ

初めは無料で情報・商品を提供し、ある程度の顧客数・また顧客の心をつかんだ後に有料の情報・商品を提示し販売する。

 

そのほか、オンラインカジノ・FX・ゲームのレベル上げ代行・RMTなどを思いつきましたが、前の二つは元本が減る可能性があるのと、後ろの二つは規則違反になる場合がほとんどなので今回はリストから除きました。

ネットで出来る副業といえども、結局は自分に合ったもの・どの程度の副収入がほしいかによって選択は変わってきます。

あなたに合った副業を探してみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加